法被

法被で見る人の目を引き付けよう

みこし

夏になると夏祭りなどの行事があります。みなさんはどのような洋服を着て夏祭りに行かれますか?オシャレ着、浴衣、法被、またはいつもと同じような格好でいく方、人それぞれだと思いますが、今回は法被について説明をしたいと思います。法被とは、日本の伝統的な衣装で祭りなどの時に着用します。どういう衣装かというと、腰丈または、肘丈の羽織の形式です。袖の折り返しもなく、胸紐もないです。
江戸時代などでは、武家の中間、大店などの下僕などが家紋のついたものを、羽織のように折り返して着用していました。現在は職人が着用したり、祭りの時に着るなどをして時代が変わってきています。また、法被は夏祭りの時にだけ着用するわけではありません。今は学校の体育祭で応援団の衣装で使われていて、法被を着けると盛り上がるとも言われています。
運動会や体育祭などでは、放送用のスピーカーがあったり、リボンやテープがあったり、来賓の方や、保護者用、生徒用のテントがあったりします。普段の学校生活ではあまり目にしないものがたくさんあります。また、応援団などでは、学ランを着たり、制服に飾りつけをしたりして応援をします。このように、色彩が豪華で鮮やかな衣装は見る人の目をひきつけます。なので、法被も運動会や、体育祭で着用されるようになったのです。

イベントやお祭りを盛り上げるのが法被です

イベントやお祭りなどの様々な場面に法被が雰囲気を盛り上げていますが、法被の注文なら通販でカタログを見て注文をするのが便利でお得です。多くの法被の通販店では、カタログに載せられたデザインそのままでなく、名前を入れることもできますし、提示されている好きなプリントを選んで追加することができますから、ほぼオリジナルな法被が注文できるようになっています。気になる法被のお値段ですが、注文枚数によっても違ってきます。
ある法被の通販店の場合では、10枚で2,500円、20枚で2,300円、30枚で2,200円と、枚数が多くなるほど安くなっています。法被本体のお値段に名前や好きな図柄などを選んでプリントするプリント料料金が追加されますが、多くは1,000程度でできます。市や町で企画したお祭りに企業で参加することも多く、職場の仲間でおそろいの法被で参加してイベントを盛り上げたり、また、参加する本人たちも楽しく、毎年のお祭りを楽しみにしている人たちも多いです。
法被の通販店はたくさんありますから、お得で良いデザインの通販を選んで下さい。そして気に入った複数の通販店に見積もりを依頼して、価格なども比較して注文することをおススメします。日本のお祭りには欠かせない法被。おそろいの法被で参加する人も、また、観ている人も楽しませてくれるのが法被です。

色んな法被の中からハッピーな物を見つけよう!

法被といえば、日本のお祭りやイベントには欠かせない伝統的な衣装の一つですよね。さっと引っ掛けるだけでも人目を引くインパクトがあるし、見ている人もなんか元気が出るそんな衣装です。そこで法被を揃えたいとなった場合、いくつかの方法があります。自分たちの用途にあった法被を探して購入するといいでしょう。製品の法被を購入今は、ネットショップでも多くのお店が法被を取り扱っています。
カラーやサイズ展開を豊富にしているお店もあり、選択肢が豊富にあります。お店のオリジナル既製品の法被を購入法被専門のネットショップはたくさんありますが、お店ごとにオリジナルの既製品があります。他のイベントなどと被りたくない、安く個性的な法被を探している人におすすめです。激安の法被を購入とにかくコストをかけずに揃えたいという場合、無地や生地が薄めの単価が安いなどの法被があります。
オリジナルの法被を購入完全オリジナルの法被が良いという場合は、プリントデザインを入稿して加工してもらうことができます。文字だけでなくイラストもOK、お店の指定のデータで入稿します。刺繍で高級感ある法被を購入文字もイラストも刺繍にすることで、ぐんと高級感のある法被になります。製作日数に時間がかかるので注意が必要です。リーズナブルな法被から、高級感ある法被まで簡単に取揃えることができます。まずはネットで色々検索してみましょう。

お祭りを彩るのはカラフルな法被たち

私の地元にはたくさんのお祭りがあります。市のものや町のものや神社のものや学校のもの・・・そのすべてに欠かせないのはチームや団体カラーに染まった色とりどりの法被ではないでしょうか。神輿を担いで町を練り歩いたり、担いだり。それはチーム単位で行われます。それらが一堂に会した時にはまるで人が波のように押し寄せ、持ち上げ、神輿同士をぶつけ合ったりするのです。その時に仲間意識をみんなに植えつけてくれるのが法被の役割なのではないでしょうか。私の町の法被は祖父の頃からデザインが変わっていません。父や兄や、これから生まれてくるであろう、子や孫までに受け継がれ…